お砂糖味醂なし生活!ほっこりおうちごはん

お砂糖みりんなし料理とお菓子のレシピ&動画

”お砂糖みりんなし生活!ほっこりおうちごはん”
SNSでも更新情報を流しています↓


レシピブログに参加中♪
クリックして頂けると励みになります

★☆レターポット☆★
↑お手紙はこちら


スポンサードリンク

自家製玄米甘酒


スポンサードリンク

 

クリスマスのお菓子作りに甘味も欲しいかな?と甘酒作り。
麹と玄米ごはんで発酵させて作ります。


昨年は湯煎で作りましたが、今回はホームベーカリーの生種起こしコースで作成。
 
 
 
こちらもどうぞ
 

湯煎での作り方

www.misublog.com

ライスポットでの作り方

www.misublog.com

 甘酒で大根のお漬物

www.misublog.com

 

 

 

 

玄米甘酒と白米甘酒の違い

 

玄米で作る甘酒と、白米で作る甘酒の違いは2つ。

 

1.白米の方が甘味があるので発酵しやすく、作りやすいです。

2.白米の方が出来上がりに甘味があります。

 

ですが玄米甘酒の方が出来上がってからもぷくぷくも元気がよく、食べると身体の中から元気になれる感じ。

手間でなければぜひ玄米甘酒をお試しください。

 
 
 

作り方の違い

 
断然炊飯器が作りやすいのでオススメです!

通常は炊飯器の保温モードで作ります。
8時間でできあがり。
なので断然そちらの方が早いです。

途中で温度が下がると酸味が増すので、鍋での湯煎作りはやっぱりどうもイマイチな仕上がり。
 
 
少々高額ですが温度管理ができるライスポットなら甘酒も失敗なし!
大きくて30〜90度まで温度設定でき、ヨーグルトや納豆に、低温調理のお肉料理にと幅広く使えます。
あると便利なキッチン家電です。
 
 
 
 

今回はホームベーカリーの発酵コースで

 
 
炊飯器のない我が家はホームベーカリーの種起こしコースを使いました。
(種起こしコースは35~40度くらい。炊飯器の保温は80度なので、同じようにはいきません)

 
 
 
 

〈材料〉

 
炊いた玄米ごはん 300g(約1合)
ぬるま湯 300g
米麹 100g

 

麹も手に入るなら玄米麹がオススメ↓

 
 

作り方

 

玄米ご飯を炊きます

 
玄米は洗って、我が家は1~2日浸水させてから炊きます。
炊き方は土鍋でも、炊飯器の玄米コースでも、圧力鍋でもお好みで。
 
 
 
 

ご飯を粥状にします

 

炊き上がったごはんにお湯を加えてふやかして
(おかゆを作る代わりです)


ミキサーで撹拌します。
お米が潰れた方が甘い甘酒が出来上がります。

 

麹と玄米を合わせます

 
ボウルに麹をはかりいれて、固形のものならほぐして
(今回は玄米麹が手に入らなかったので、白米麹です)


ミキサーにかけた玄米を加えて混ぜます。
固ければぬるま湯を足します。

 
 

温かいところで発酵させます

 
消毒したホームベーカリーのパンケースに入れ、パン焼き器にセット。



蓋をして生種作りコース(種起こしコース)にかけます。

1~2日くらい。
途中たまに確認して、かき混ぜます。
 
 
 
 
 
 

出来上がりの目安

 
完成すると
・良い香りがしてきます
・とろみがついて麹の粒が少しわかりにくくなります
・舐めるとかなり甘くなります



今回は(途中長時間出かける時に過発酵が怖くて半日スイッチを切っていたので)
40時間ほどかかりました。


ヨーグルトに混ぜて食べるとお腹が元気になる感じ。

 
*炊飯器の場合は→湯を張り炊飯器の蓋を開けた状態で保温にし、湯の中に甘酒の入った容器を浮かべます。
 
 
 
 
この状態が好き!

冷蔵庫で数日保存してると↓↓発酵が更に進んでぶくぶくし出します!

 
クックパッドはこちら
つくれぽ頂けると嬉しいです!

 


スポンサードリンク



ランキングポチッとしていただけると嬉しいです!

プライバシーポリシー