お砂糖味醂なし生活!ほっこりおうちごはん

お砂糖みりんなし料理とお菓子のレシピ&動画

”お砂糖みりんなし生活!ほっこりおうちごはん”
SNSでも更新情報を流しています↓


レシピブログに参加中♪
クリックして頂けると励みになります

★☆レターポット☆★
↑お手紙はこちら


スポンサードリンク

夏休み自由研究に【溶けないアイス】寒天アイス作り


スポンサードリンク

今日もきてくださりありがとうございます

このブログはお砂糖みりんなしレシピを載せています。

 

夏休みの自由研究に。

今年うちの子は「溶けないアイス」作りをまとめました!

今回はその手順をご紹介しますね

 

 

 

こちらもどうぞ

 

夏休み自由研究に!ゼラチンと寒天の違い

www.misublog.com

 

 

 

 

 

溶けないアイスとは

 

溶けないアイスとは、寒天や葛粉などを使い冷やし固めて作るアイスクリームです

市販品ではセブンイレブンのセリアロイル(ムースアイス)、石川県金沢市の「金座和アイス」などがあります。

 

今回は太田さちかさん著「不思議なお菓子レシピ サイエンススイーツ」を参考に、寒天を使い作っています

 

 

 

なぜ溶けないの

 

溶けないアイスはなぜ溶けないのか

それは、寒天の溶ける温度に関係があります。

寒天が溶けるのは70度。なので室温では溶けにくいアイスクリームができるんです

 

 

というわけで小学5年生の夏休み

今年は牛乳寒天で作る「溶けないアイス」を自由研究課題にしました

通常のミルク寒天を作って凍らせるだけ。

とっても簡単に作れますよ

 

 

 

材料(4本分)

 

 

 

牛乳 300ml
粉寒天 3g
果物 50g
砂糖(お好みで) 20g

*砂糖20gはかなり甘さ控えめです

 

果物について

 

今回は市販の冷凍果物を使用しています

生の果物を使う場合は、キウイフルーツやパイナップルなどのタンパク質分解酵素の含まれた食材を使うと牛乳が分離し、うまく固まらなくなります

キウイ、パイナップルな度使用したい場合はしっかり加熱してから使います

 

材料アレンジ
  • 牛乳の代わりに100%のオレンジジュースやリンゴジュースなどで作っても美味しいです
  • 砂糖を控えても、代わりにバニラエッセンスを加えるとスイーツっぽさが増します

 

使用容器について

 

今回はダイソーのアイスケースを使用しています(100円)

300ccほど入るサイズです

 



 

 

作り方

 

 

下準備

 

アイスケースに果物を少し入れておきます

 

 

 

 

 

寒天液を作ります

 

厚手で底の広い鍋を使用します

火をつける前に牛乳、粉寒天を入れよく溶かし混ぜます

 

 

加熱する前に寒天をしっかり溶かしておくことがポイントです

砂糖も加える場合は次に加え、しっかりと溶かし混ぜます

 

 

鍋を火にかけます

絶えず底からこそげ混ぜながら弱め中火で炊きます

 

 

ポコポコと沸いてきたらそのまま2分加熱します

鍋や蒸気はかなり高温になります

火傷に注意しましょう

 

 

 

しっかり炊いたら粗熱を取ります

寒天液はかなり高温なので、耐熱ではない100均のアイスケースには入れられません

 

 

型に流します

 

 

冷凍果物を少し入れたアイスケースにスプーンですくいいれます

少し入れたらまた果物を入れ、また寒天液を注ぎます

 

冷凍果物の冷たさで寒天が固まり始めますし、また、果物が下に沈むので果物と寒天液を少しずつ加えます

 

 

固まった寒天と果物の間に隙間ができるので竹串などで隙間を潰します

 

 

だいぶ固まってきてモリモリしてきました

固まる前に急いで棒を刺します

 

 

 

 

冷やし固めます

 

3〜4時間ほど、しっかり固まるまで冷やし固めます

今回は一晩置いています

 

 

翌朝

かっちり固まりました

 

 

ケースから出にくい場合はケースの周りを水で濡らします

 

 

 

 

食べた感想

 

寒天やゼリーを冷凍して食べるの、美味しいですよね。子どもの頃好きでよく色んなものを凍らせていました。

 

溶けないアイスもその時の味そのままです。

周りは凍っているのでカリッと、でも中はシャリっともちっと、独特な食感になります。

小学校給食でよく出てきたアイスのような風味。

 

 

一度食べるとまた食べたくなる味かもしれません。

普段の寒天に飽きてきたらぜひ凍らせてみてください

 

 

 

 

ほんとに溶けないの?

 

というわけで30分ほど室温に放置してみました(下の写真)

室温28度程度。

スレート(器)も一晩冷やしたものを使っています

 

 

スレートと接している部分は少し溶けていましたが、でも通常のアイスクリームと比べるとほとんど溶けていません

 

 

少し溶かしてから食べると寒天の食感を感じやすくなります。

冷凍庫から出してすぐとはまた違った風味が楽しめますよ

 

 

 

出来上がり

 

周りは凍っているのでカリッと、中はシャリシャリ、少しもちっとした楽しいアイスクリームです

牛乳以外でも、ココナッツミルクや豆乳、オレンジジュースなどで作れるのでアレンジも楽しいですよ

 

 

 

その他SNSも日々更新中です!

ブログ上or下のSNSアイコンからぜひ見に行ってね

 

YouTube

 

1日おきに更新中!

My YouTube videos are English subtitles. Please subscribe to my channnel!

www.youtube.com


スポンサードリンク



ランキングポチッとしていただけると嬉しいです!

プライバシーポリシー