お砂糖味醂なし生活!ほっこりおうちごはん

お砂糖みりんなし料理とお菓子のレシピ&動画

”お砂糖みりんなし生活!ほっこりおうちごはん”
SNSでも更新情報を流しています↓


レシピブログに参加中♪
クリックして頂けると励みになります

★☆レターポット☆★
↑お手紙はこちら


スポンサードリンク

簡単!圧力鍋で【生栗の茹で方】


スポンサードリンク

圧力鍋(ゼロ活力鍋)で手軽に茹でる栗の茹で方と剥き方です。

 

f:id:misumisu0722:20190828191646j:plain

2016-10-17/リライト2021-09-29

 

丸ごと綺麗に剥いた栗でそのままのほこほこ食感を楽しみましょう。

 

そのまま食べても

サラダやサンドイッチの具材にも

じゃがいもの代わりに和風煮物や焼き物に使っても美味しく頂けます。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

 

栗レシピ色々

栗の鶏脂炒め

www.misublog.com

栗でジャーマンポテト風

www.misublog.com

 

 

 〈材料〉分量はお好みで

 


栗 1袋~圧力鍋に入るだけ
水 200cc~


ポイント
  • 茹で汁は少ない方が美味しく茹で上がります。
  • でも、茹で汁が多い方が剥きやすいです。

水分量はやりやすい方で加減してください。

 
 

作り方

 

下準備


栗は洗ってしばらく水に漬け込んでおきます。
 
栗の甘みを増す方法
 
栗の甘味をます方法は2通りあります。
その1
生栗は冷やすと甘みが増します。
なので茹でるまでに少し日にちがある場合は拾ってから冷蔵庫のチルドに何日かおいてから茹出ます。
 
その2
冷やすのではなく、1~2日天日干しするのもおすすめ。
日に干すことで虫も出ていくし香ばしく仕上がります。
 
どちらか行ってもらうと少し甘く仕上がりますよ。
時間がなければどちらもやらなくてもOK
 
 
 

f:id:misumisu0722:20190828191740j:plain

 
 

圧力鍋に入れます

 

さて、しばらく水に浸した栗を取り出し、水気を切って圧力鍋に入れます。
鍋に分量の水を注ぎます。

f:id:misumisu0722:20190828191804j:plain

義実家で拾ってくる栗は売ってるものより大きめでした。

(ここ何年かは不作で取れず)

 


ここで注意点なのですが、使う圧力鍋によっては皮に切り込みを入れないと破裂するようです
我が家で使用しているゼロ活力鍋の場合は切り込みは不要です。
 
 
皮が破裂してしまう場合は少々面倒ですがキッチンバサミや包丁で皮に十字の切り込みを入れてから加圧してください

f:id:misumisu0722:20190828191814j:plain

 
 
 

加圧します

 

蓋をして加圧します。
加圧時間はお使いの圧力鍋によって若干変わりますが10分程度です。
 

アサヒ軽金属のゼロ活力鍋の場合
 
我が家はアサヒ軽金属ゼロ活力鍋を使っています
ゼロ活力鍋の場合は赤い重りを使い、
重りがカチカチと音を立てて振れ始めたらすぐに消火します(加圧0分)

f:id:misumisu0722:20190828192100j:plain

 
アサヒ軽金属ゼロ活力鍋全面5層ステンレス構造
熱伝導率がとても高く、ハイパワーで気に入ってます
短時間で出来上がりますよ

加圧時間が終わったら火を止めます。
そのまま冷まし
圧が下がってから10分ほど蒸らし置いてから蓋を開けます。

f:id:misumisu0722:20190828192050j:plain

 
 
 

皮を剥きます


熱いうちに皮を剥きます。
栗むき器はこういうのがあると便利なのですが、我が家にはありません
 

そこで登場するのがダイソーの栗むきナイフ
少々疲れますが結構剥きやすいんですよ。
 

f:id:misumisu0722:20190828192113j:plain

 
 
剥き方ポイント
  • 湿っている栗が剥きやすいです。
  • 鍋の下の方の、茹で汁に浸かっているものから剥きます。
  • 一度に剥ける分だけ茹で汁少しとともにボウル等に取り出します
  • 残りは冷めないように鍋に残して再び蓋をしておきます。
  • 鍋内が冷めないうちに手早く剥きます。

f:id:misumisu0722:20190828192124j:plain

皮剥き作業は結構腰を痛めるので、腰の悪い方はお気をつけくださいね。
 

全部剥けたら保存容器に移して冷蔵庫へ。
早めに使い切ってください
 
 
 
丸ごとをそのまま食べるとホコホコ食感がとても美味しいですよ。
お醤油味で煮たり、餡掛けにしたり。
じゃがいも感覚で煮物や炒め物に使うのもおすすめです。
 
 
 
クックパッドはこちら
 
つくれぽ頂けると嬉しいです!
 

スポンサードリンク



ランキングポチッとしていただけると嬉しいです!

プライバシーポリシー