お砂糖味醂なし生活!ほっこりおうちごはん

お砂糖みりんなし料理とお菓子のレシピ&動画

”お砂糖みりんなし生活!ほっこりおうちごはん”
各種SNSはこちら↓


レシピブログに参加中♪
クリックして頂けると励みになります

★☆レターポット☆★
↑お手紙はこちら


スポンサードリンク

キャラ弁を簡単に!オブラートアートの作り方【すみっコぐらし弁当】


スポンサードリンク

オブラートに絵を描きご飯に貼る「オブラートアート弁当」の作り方です。

今回のおかずはチキン、お花の蓮根、お花の卵焼き。

 

f:id:misumisu0722:20171019180910j:plain

 2017.10.19公開/リライト2021-02-04

 

オブラートアートで楽チンキャラ弁。

今回は最近のオブラートアート弁当画像と簡単な作り方手順をご紹介します。

 

 

動画レシピ作り直しました

 

 

新しい解説動画はこちら

20分です

www.misublog.com

 

今回のブログ内容の動画はこちら

1分、声説明なしの手順動画です

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

今回のお弁当について

 

オブラートアートの説明に入る前にトップ画像でご紹介したお弁当について。

 

詰めたおかずのレシピをご紹介しておきますね。

焼いてオーロラソースを絡める鶏もも肉のオーロラソース

www.misublog.com

 薄焼き卵で作るお花

www.misublog.com

 花型に切って素揚げした蓮根↓

www.misublog.com

 

 

その他、人参はさっと茹でて100均(セリア製品)の花型で抜き、小さい丸型で花びら部分を抜いています

 

f:id:misumisu0722:20171019180855j:plain

 

 

 

オブラートアート弁当の流れ

 

 

オブラートアートは描いてからしばらく置いて乾かす時間が必要。

なのでお弁当作りの中でかなり早めに描きます

 

また、ご飯が熱いとオブラートが溶けてしまうので、ご飯も早めにお弁当箱に詰めて冷ましておきます。

 

f:id:misumisu0722:20171019180901j:plain

 

わたしのお弁当作りの手順

ご飯を詰めて冷まし→おかずを用意し→オブラートアートを描いて→洗濯物を干して→その間に乾くので貼り付ける

 

という流れで作っています。

 

 

 

オブラートアートとは

 

 

オブラートアートとはオブラートに絵を描きご飯やパン、ケーキなどに貼り付ける手法です。

なぞり書きするだけなので絵が苦手でも大丈夫。

 

 

漫画の一コマも描けてしまいます↓

f:id:misumisu0722:20171019180843j:plain

 

絵が小さいと描きにくいので大きいものを選ぶため、2コマ描きたくても1コマでお弁当箱満タンに↓

f:id:misumisu0722:20171019180928j:plain

 

 

幼稚園弁当1年間のオブラートアート

オブラートアートのコツをまとめました

www.misublog.com

 

 

オブラートアートの使い方

 

 

わたしはお弁当ばかりに使っていますが、例えば

  • ベーグルなどシンプルなパンの焼き目に貼る
  • 食パンの切り口に貼る
  • 生クリームを塗っただけのデコレーションケーキ
  • レアチーズケーキに

などなど特に白っぽいフラットなものに使えます。

 

 

オブラートアートキット

 

オブラートアートの発案者さんが作られたこういったキットも売られています↓

私もこれを使っています

【 セット内容】

・厚手と薄手のオブラートがそれぞれ50枚

・炭(1回分)

・筆

・下敷き

・使い方説明書

 

 

もちろんセットではなく単品でそれぞれ揃えてもOK!

 

 

オブラートアートに使う筆

『ぺんてる』のネオセーブル丸筆0号を使っています。

 

 

オブラートについて

 

オブラートアートを沢山やられる方の場合はドラッグストア等に売られているオブラートの方が割安。 

 

うちの幼稚園のように週2回しかお弁当がない場合ですとこのキットで充分でした。

計100枚もオブラートが入っているので2年分ほどあります。

 

そして添付されている作り方説明もわかりやすいです。

 

 

それ以外にあると便利なもの

 

 天然色素の色粉。いろんな色があると楽しい↓し手軽に色付けできます。

 

いろんな色があると楽しいですが、とりあえずはがあれば良いかなとは思います。

 

 

茶色を混ぜて。

ピンクをごく薄めてなんとなくピンクにする事が可能。

f:id:misumisu0722:20171019180839j:plain

 

 

オブラートアートの黒について

 

黒はわたしはブラックココアを使っています。

少し大きめのスーパーなら製菓材料コーナーに売っています。

*ブラックココアとは通常のココアより黒いものになります。

 

 

もちろん色粉の黒でもOK。

 

 

また、色粉数種類を混ぜて黒を作ってもいいですし、炭パウダーを使ってもかけます

(炭は少しざらつきが残りました)

 

 

 ラクに描くならこういった「フードペン」も売られています。

水で色粉を溶いて使うのが朝からしんどい場合はこちらの方が描きやすいかもしれません。

 *わたしは使ったことがないので使い心地はわかりません。 

 

 

オブラートアートの描き方

 

描き始める前にお弁当箱にご飯を詰め、冷ましておきます。

わたしはいつもお弁当箱の下に保冷剤を敷いて冷まします。

 

コツについてはこちらをどうぞ

www.misublog.com

 

 

 

描く絵を用意します

 

線が細いと描きにくくなるので、手持ちの本などを拡大コピーしておくと使いやすいです。

 

f:id:misumisu0722:20171019184542j:plain

こちらはキャラクターが色々載った雑誌「ねーねー」から拡大コピーしています。

 

 

黒で描きます

 

下敷きにラップを貼り付け→その下に用意した絵を敷きます。

下敷きの上にオブラートを1枚のせます。

 

f:id:misumisu0722:20171019180824j:plain

 

水で溶いた黒(ブラックココア)を筆にとり絵をなぞります。

 

先ほどのキットですとオブラートは厚手と薄手と2種類入っています。

初めの頃は破れにくい厚手が好きでしたが慣れてくると薄手の方がわたしは描きやすく、また食べる時も邪魔になりにくく思います。

 

 

 

色を塗ります

 

色粉を極少量とり水を含ませた筆で溶いて薄めに色を塗ります。

赤も緑もとても濃いので極極少量で大丈夫。

 

f:id:misumisu0722:20171019180828j:plain

 

 

乾かしてから下敷きから剥がします

 

水をぼたっと落としてしまっても乾かしてからなら剥がれますので結構大丈夫です。

乾燥したことを確認したらそっと剥がします。

 

f:id:misumisu0722:20171019180833j:plain

 

周りをカットしてのせます

 

絵の周りの余分なオブラートをキッチンバサミでカットして、ごはんに貼り付けます。

 

f:id:misumisu0722:20171019180905j:plain

 

卵に貼っても◎

f:id:misumisu0722:20171019180920j:plain

 

 

オブラートアートの良い点

 

おにぎりでキャラを作るより時間短縮でき断然楽チン!!

一度始めるともうおにぎりで何かを作るなんてできないと思ってしまいます。。

 

なんといっても本人(こども)がとても喜んでくれるということ。

幼稚園でも「どうなってるの?」とみんな興味津々だそうです。

 

f:id:misumisu0722:20171019180913j:plain

 

 

気になる点

 

まだ自分で食べる機会がないので味がどうなんだろうというのは気になるところ。

ですがうちの子はいつも「とっても美味しかった!!」と帰ってきてくれます。

 

可愛いと美味しいがごっちゃになってるだけかもしれませんが本人が喜んでくれているのでとりあえず大丈夫なのかな、と。

 

 

ただ大きい絵にしてしまうとご飯面積が多くなってしまうのが難点。

ご飯の下にそぼろを敷いたりしてなるべくおかずが多くなるよう気をつけています。

 

 

f:id:misumisu0722:20180509125711j:plain

 

 

皆さんもぜひオブラートアートでお弁当作りを楽しんでみてくださいね。 

 

 

クックパッドはこちら

 

つくれぽ頂けると嬉しいです!

cookpad.com


スポンサードリンク



レシピブログに参加中♪

プライバシーポリシー